「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
「パーフェクトな情報収集体制」が、
先週も好結果を記録しました。
2019/11/09・10
馬連21,070円5点的中!
11月9日(土)東京11R
武蔵野S
買い目詳細
◎ 7番ワンダーリーデル(9番人気1着)
〇11番サンライズノヴァ(3番人気5着)
▲ 5番エアアルマス(1番人気11着)
△ 1番グルーヴィット(5番人気10着)
△ 3番デュープロセス(2番人気7着)
△ 9番タイムフライヤー(8番人気2着)

「体制強化の成果」を示した特大の万馬券的中
「安田翔伍先生は、親父さんが同じ栗東で厩舎を構えとる安田隆行先生ですな」

「翔伍先生は、中学3年生の時に、【競馬学校・騎手課程】の試験に落ちてしもうて、次の年も受けようと思っとったんやけど、高校に通っているうちに体が大きくなってしもうたんで、騎手になるのを諦めたそうや」

「せやけど、【競馬の世界に進みたい】と考えとった先生は、高校を中退して、【ノースヒルズマネジメント】(今のノースヒルズ)で働いてから、半年くらいアイルランドに留学しとって、帰国した後は、3年ほど【ノーザンファーム空港】で働いて、それから、2002年に競馬学校の厩務員課程に入っとりました」

「2003年に競馬学校を出た後は、その年の1月から親父さんの厩舎で厩務員をやって、2月からは調教助手をやって、スプリンターズSと高松宮記念を勝ったカレンチャンや、香港スプリントを連覇するなど、G1を6勝したロードカナロアとかを担当するなど、2016年、調教師の試験に受かるまでの14年間、ずっと親父さんの厩舎で経験を積んどったんや」

「そんで、【社台ファーム】で技術調教師として経験を積んでから、去年の3月に自分の厩舎を開業した翔伍先生は、年末までに、オメガパフュームを使ったシリウスSで初めての重賞を勝つなど、JRAで【9勝・獲得賞金2億4480万円】っちゅう成績を残しとったし、今年は、先週までの成績が【20勝・獲得賞金2億9068万円】と、順調に数字を伸ばしとるんですわ」

「しかも、オメガパフュームを使った去年の東京大賞典で初めてのG1勝ちを飾っとるし、この馬で今年の帝王賞も勝っとるんやから、親父さんの厩舎で走る馬を担当しとった経験を活かせとるんでしょうな」

「ただ、この状況に満足せんで、翔伍先生がこれからも全力で勝ちにくるとワシは見とるんですわ」

「何せ、親父さんの隆行先生は、先週までに、JRAの重賞を38勝もしとるんやけど、翔伍先生はまだ1つしか勝てとらんので、今は、【親父のように重賞をたくさん勝ちたい】と思っとる筈やから」

「そんな中、今週は、武蔵野Sにワンダーリーデルを登録しとりますんで、実際、この馬をどう仕上げてくるんか、昨日の朝の最終追い切りの様子を確認したところ、坂路で一杯に追われて、4Fが52秒4、終いの1Fが12秒6っちゅう時計を出しとりました」

「力強いフットワークで駆け上がっとったし、抜群の気合い乗りを見せとりましたから、翔伍先生の狙い通りに仕上がったんやろな」

・・・・・・・・・・

上記の内容は、11月7日(木)更新の「インサイダーレポート」で紹介していた、安田翔伍調教師に関する「所属員の見解」であり、実際に「買い目の伝達」を受けていた会員の皆様には改めてご説明するまでもないが、この一戦に於いて、当団体は、上記の内容や、その他の入手情報などを踏まえ、一般的にはほとんど注目されていなかったワンダーリーデル(最終的に9番人気)を軸馬に指定していた。

なお、この一戦に於いて当団体は、上記の他にも、

■相手5点目タイムフライヤー(8番人気2着)

11月4日(月)更新の「注目馬主」の中で推奨

といった形で、事前に「所属員の見解」を紹介しており、上記の見解や他の見解が正しかったことは、結果が十分に証明している。

何しろ、実際のレースでは、所属員達の報告通り、ワンダーリーデルが1着、タイムフライヤーが2着に入線したことにより、当団体は、馬連21070円という特大の万馬券を5点で仕留めたのだから。

また、先週、当団体は、他の重賞レースに於いても、

「エリザベス女王杯での3連複4060円5点的中」

「福島記念での馬連2070円5点的中」

「デイリー杯2歳Sでの馬連10840円4点的中」

という完璧な結果を残しており、上記のように、当団体が破格の好成績を残している主な理由は、

「元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)」

「元JRA調教師の山田要一(やまだよういち)」

「元JRA騎手・元JRA調教助手の鎌田光也(かまたみつや)」

「元JRA調教助手・元JRA厩務員の小西聖一(こにしせいいち)」

など、「本物の競馬関係者」が多く所属している強みを存分に活かし、「競馬専門紙」や「スポーツ紙」などでは決して報道されない、

「【セレクトセール】や【HBAセレクションセール】や【HBAサマーセール】や【HBAセプテンバーセール】や【HBAオータムセール】に参加していた馬主達の、【落札資金を回収したい】という思惑」

「【一口馬主クラブ】の、【過去の募集馬を活躍させて、出資を検討している顧客層に好印象を与え、今後の出資者増加に繋げたい】という思惑」

「【10月までの成績が不振に終わっている調教師や騎手】の、【年末までに少しでも多く勝って周囲に好印象を与え、来年の預託依頼や騎乗依頼に繋げたい】という思惑」

「【種付料など、今後、牧場の運営に掛かる費用を今の内に稼いでおきたい】という生産者の思惑」

といった、「この時期ならではの関係者の様々な思惑」を、完全に掌握できるからに他ならない。

なお、これまで再三に渡りサイトとメールでお伝えしている通り、以前から当団体が、「個人馬主完全制圧計画」、「一口馬主クラブ完全制圧計画」、「大手生産者グル―プ完全制圧計画」などを「主要事項」として着手していた、

「小栗範恭トリプルクラウンプロジェクト」

が、現在は、

「馬主の思惑&生産者の思惑・強化収集ステージ」

に突入し、読んで字の如く、情報収集体制がこれまで以上に強固なものとなっていることも、「武蔵野Sの特大万馬券的中」を後押しした要素の一つだ。

もちろん、これらの結果を見届けた会員の皆様全員が、

「体制強化の恩恵」

を、心の底から強く実感すると共に、「マイルCS」を筆頭とした今週のレースや、「ジャパンC」や「チャンピオンズC」といった来週以降のレースに対する期待を、既に極限まで高めているに違いない。