「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
注目競走
今週も、当団体の「パーフェクトな情報収集体制」がもたらす、
「パーフェクトな結果」をお楽しみにお待ちください。
5月26日(日) 東京11R・ダービー
ダービー
主な出走登録馬
ヴェロックス【金子真人HD・中内田充正(栗東)】
サートゥルナーリア【キャロットF・角居勝彦(栗東)】
ダノンキングリー【ダノックス・萩原清(美浦)】
ダノンチェイサー【ダノックス・池江泰寿(栗東)】
ランフォザローゼス【窪田芳郎・藤沢和雄(美浦)】
レッドジェニアル【東京HR・高橋義忠(栗東)】

「厩舎OB達」の実力が最高の結果を
所属員の見解
この一戦は、東京競馬場で行われるにも関わらず、「登録馬25頭の内、半数以上の16頭が関西馬」という状況だ。

つまり、多くの「遠征馬」が出てくるため、この一戦で好結果を残すためには、

「どの馬が輸送に強くて、どの馬が輸送に弱いのか」

を正確に見極める必要がある。

ただ、調教師が、

「輸送が苦手なので、今回は勝負にならない」

といった本音を、「競馬専門紙」や「スポーツ紙」の記者達に話すことは絶対にないため、正確な情報を得られない一般競馬ファンは、この一戦を、

「非常に難解なレース」

と認識してしまう筈だ。

しかし、こういったレースこそ、当団体にお任せいただきたい。

何故なら、当団体には、

「1965年にJRAの騎手免許を取得し、1979年の騎手引退から1982年までは調教助手を務め、1983年から2008年までの25年間は、JRAの調教師として活動し、ブルーベイブリッジやケリーバッグやカナハラドラゴンなどを重賞戦線で活躍させた」

という経歴を有する山田要一(やまだよういち)や、

「1972年にJRAの騎手としてデビューし、重賞1勝を含む通算102勝の実績を残した後、1986年に騎手を引退し、それ以降は、松田博資厩舎、田島良保厩舎、新川恵厩舎といった名門で調教助手を続けていた」

という経歴を有する鎌田光也(かまたみつや)や、

「セントライトの主戦騎手として、1941年の牡馬クラシック三冠を制し、調教師としても、ラプソデー、タカマガハラ、ミハルカスなどを育て上げた小西喜蔵の長男で、自身も、父の厩舎や、佐藤林次郎厩舎、高市圭二厩舎、嶋田功厩舎で調教助手と厩務員を長年に渡り務めていた」

という経歴を有する小西聖一(こにしせいいち)など、

「長い間、現場で馬を見続けていた厩舎OB」

が多く所属しているため、

「どの馬が輸送に強くて、どの馬が輸送に弱いのか」

を、いつでも完全に掌握できるのだから。

また、この強みがどれほど多くの払戻金を生み出せるのかは、今年の重賞レースに於いて、

■馬連17200円を5点で的中させたNHKマイルC

ケイデンスコール(14番人気2着)は、栗東・安田隆行厩舎が東京競馬場に遠征させていた馬

■馬連30530円を5点で的中させた高松宮記念

セイウンコウセイ(12番人気2着)は、美浦・上原博之厩舎が中京競馬場に遠征させていた馬

■3連単6620円を5点で的中させたフェブラリーS

ユラノト(8番人気3着)は、栗東・松田国英厩舎が東京競馬場に遠征させていた馬

■3連複9010円を5点で的中させた愛知杯

ワンブレスアウェイ(8番人気1着)は、美浦・古賀慎明厩舎が中京競馬場に遠征させていた馬

といった破格の好成績を残していることで、明確に証明できている。

もちろん、この「ダービー」など、今週のレースでも、上記のような「パーフェクトホースマンズならではの強み」が、必ず最高の結果をもたらす筈だ。

更に、以前から「パーフェクトホースマンズ」が、

「個人馬主完全制圧計画」

「一口馬主クラブ完全制圧計画」

「大手生産者グループ完全制圧計画」

などを「主要事項」として着手していた、

「小栗範恭トリプルクラウンプロジェクト」

が、現在は、

「競走馬セール関連情報・強化収集ステージ」

に突入し、情報収集体制がこれまで以上に強固なものとなっていることも、「ダービーの的中」を大いに後押しするだろう。

果たして当団体は、この一戦に於いて、どれほど高額の払戻金を計上できるのだろうか…

レース当日、会員の皆様には、どれだけ払戻金が多くても持ち帰りに困らないよう、事前に準備を済ませた上で、競馬場やウインズに向かっていただきたい。



買い目を見る