「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
注目競走
今週も、当団体の「パーフェクトな情報収集体制」がもたらす、
「パーフェクトな結果」をお楽しみにお待ちください。
10月22日(日) 京都11R・菊花賞
菊花賞
主な出走登録馬
アルアイン【サンデーR・池江泰寿(栗東)】
キセキ【石川達絵・角居勝彦(栗東)】
サトノアーサー【里見治・池江泰寿(栗東)】
サトノクロニクル【里見治・池江泰寿(栗東)】
ダンビュライト【サンデーR・音無秀孝(栗東)】
ミッキースワロー【野田みづき・菊沢隆徳(美浦)】

「競走馬セールに絡む馬主の思惑」を完璧に把握できるからこそ
所属員の見解
一般競馬ファンのほぼ全員が、競馬専門紙やスポーツ紙を読めば誰でも分かる「近走の内容」や「最近の調教時計」などを、「買い目を決めるために最も重要な要素」と考えている筈だ。

しかし、それとは対照的に、「買い目」を決めるにあたり、当団体の所属員達が「最も重要な要素」と考えているのは、現在の競馬界に於いて「二大権力」と言える、「個人馬主」と「一口馬主クラブ」の「様々な思惑」である。

具体的には、

「【セレクトセール】や【HBAセレクションセール】や【HBAサマーセール】や【HBAオータムセール】に参加していた馬主達の、【落札資金を回収したい】という思惑」

「【一口馬主クラブ】の、【過去の募集馬を活躍させて、出資を検討している顧客層に好印象を与え、今後の出資者増加に繋げたい】という思惑」

「企業の経営者である個人馬主の、【賞与の支払いに充てる分など、年末までに必要な資金を持ち馬で稼いでおきたい】という思惑」

などであり、上記の中で、この時期のレースに於いて最も大きく結果を左右するのは、「競走馬セールに絡む馬主の思惑」だ。

また、こういった思惑を、一般競馬ファンが詳しく知る機会は皆無に等しいが、当団体であれば、こういった思惑でさえも完全に掌握し、その内容を「買い目」に反映させられるのは、先週のレースで言えば、

・・・・・・・・・・

■1着賞金が9200万円の「秋華賞」(当団体は3連複3180円5点的中)

「3連複の軸」に指定していたディアドラ(3番人気1着)は、「セレクトセール」に於いて、1頭を3564万円で落札している、森田藤治オーナーの所有馬

「相手2点目」に指定していたモズカッチャン(5番人気3着)は、「セレクトセール」と「HBAセレクションセール」と「HBAサマーセール」に於いて、計5頭を総額5174万円で落札している「キャピタル・システム」の所有馬

■1着賞金が1820万円の「清水S」(当団体は3連複16020円4点的中)

「3連複の軸」に指定していたミスパンテール(4番人気1着)は、「HBAオータムセール」と「HBAオータムセール」に於いて、計7頭を総額2億1114万円で落札している寺田千代乃オーナーの所有馬

「相手4点目」に指定していたマコトサダイジン(9番人気3着)は、「セレクトセール」に於いて、1頭を1944万円で落札している「株式会社ディアマント」の所有馬

・・・・・・・・・・

といった好結果が何よりも明確に証明している。
(落札価格は全て税込表記)

また、「菊花賞」に於いても、登録馬には、

アダムバローズを登録している猪熊広次オーナー

「セレクトセール」と「HBAセレクションセール」と「HBAサマーセール」と「HBAオータムセール」に於いて、計8頭を総額2億3090万円で落札

キセキを登録している石川達絵オーナー

「セレクトセール」と「HBAセレクションセール」と「HBAサマーセール」と「HBAオータムセール」に於いて、計7頭を総額1億0585万円で落札

クリンチャーを登録している前田幸治オーナー

「セレクトセール」と「HBAセレクションセール」と「HBAサマーセール」と「HBAオータムセール」に於いて、個人名義と、「株式会社ノースヒルズ」の名義で、計11頭を総額1億9732万円で落札

サトノアーサーとサトノクロニクルを登録している里見治(はじめ)オーナー

「セレクトセール」と「HBAセレクションセール」に於いて、計17頭を総額18億7056万円で落札

チャロネグロとポポカテペトルを登録している「株式会社金子真人ホールディングス」

「セレクトセール」に於いて、計11頭を総額6億5340万円で落札

ブレスジャーニーを登録している島川隆哉オーナー

「セレクトセール」と「HBAサマーセール」と「HBAオータムセール」に於いて、個人名義と、「株式会社ジャパンヘルスサミット」の名義で、計12頭を総額2億6784万円で落札

マイスタイルを登録している寺田千代乃オーナー

「セレクトセール」と「HBAオータムセール」に於いて、計7頭を総額2億1114万円で落札

ミッキースワローを登録している野田みづきオーナー

「セレクトセール」に於いて、計7頭を総額4億8060万円で落札

と記せば分かる通り、「今年の競走馬セールに大金を投じているオーナーの所有馬」が数多く名を連ねており、至って当然のことながら、この一戦を的中させるためには、「GIレースならではの高額賞金」を狙い、水面下に張り巡らされた「馬主達の思惑」を掌握することが必要不可欠だ。
(落札価格は全て税込表記)

もちろん、こういった思惑を完璧に把握できる「パーフェクトホースマンズ」こそ、「大金獲得に最も近い存在」と言えよう。

更に、以前から当団体が、

「個人馬主完全制圧計画」

「一口馬主クラブ完全制圧計画」

「大手生産者グループ完全制圧計画」

などを「主要事項」として推し進めてきた、

「小栗範恭トリプルクラウンプロジェクト」

が、今週から「サードステージ」に突入し、情報収集体制がこれまで以上に強固なものとなっていることも、このレースの好結果を大いに後押しする筈だ。

果たして当団体は、この一戦に於いて、どれほど高額の払戻金を計上するのだろうか。

会員の皆様には、「大金獲得が確定的なレース当日」を、心の底から楽しみにお待ちいただきたい。


買い目を見る