「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
注目競走
今週も、当団体の「パーフェクトな情報収集体制」がもたらす、
「パーフェクトな結果」をお楽しみにお待ちください。
1月21日(日) 中山11R・アメリカJCC
アメリカJCC
主な出走登録馬
ゴールドアクター【居城寿与・中川公成(美浦)】
ショウナンバッハ【国本哲秀・上原博之(美浦)】
ダンビュライト【サンデーR・音無秀孝(栗東)】
ブラックバゴ【シルクレーシング・斎藤誠(美浦)】
ミッキースワロー【野田みづき・菊沢隆徳(美浦)】
レジェンドセラー【G1レーシング・木村哲也(美浦)】

「この時期ならでは」の最高の結果をご期待ください!
所属員の見解
「1月から2月中旬までのレース」は、一般的な注目度の高いGIレースが行われないことなどから、マスコミの取材が非常に手薄なものとなる。

それ故、正確な情報を得られない一般競馬ファンのほぼ全員が、この時期のレースを、「非常に難解」と認識していることだろう。

しかし、こういった状況の中で行われるレースこそ、当団体であれば「年間を通じて最高の稼ぎ所」とできるのは、昨年の1月から2月中旬にかけて、

中山金杯での3連複2360円4点的中
シンザン記念での3連複9940円5点的中
京成杯での3連複4660円4点的中
東海Sでの馬連12560円5点的中
アメリカJCCでの3連複3970円4点的中
シルクロードSでの馬連2270円5点的中
根岸Sでの3連複2390円4点的中
きさらぎ賞での馬単3580円3点的中
クイーンCでの馬単2130円4点的中
共同通信杯での馬単4860円4点的中
京都記念での馬連3620円4点的中

といった破格の好成績を見届けていた上、今年も、

■1月6日(土)~8日(月)

中山金杯での3連複5270円5点的中
フェアリーSでの馬単5150円5点的中
万葉Sでの3連複6040円4点的中
成田特別での馬連15080円5点的中

■1月13日(土)~14日(日)

愛知杯での馬連13120円5点的中
ジャニュアリーSでの3連複13100円5点的中
京成杯での3連単12290円5点的中
日経新春杯での馬連1680円5点的中
知立特別での馬連17080円5点的中

といった破格の好成績を見届けている会員の皆様自身が、他の誰よりもよくご存知の筈だ。

また、上記のように、当団体がこの時期のレースに無類の強さを誇っている最大の理由は、

元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)

元JRA調教師の山田要一(やまだよういち)

元JRA騎手・元JRA調教助手の鎌田光也(かまたみつや)

元JRA調教助手・元JRA厩務員の小西聖一(こにしせいいち)

など、「本物の競馬関係者」が多く所属している強みを存分に活かし、「一般マスコミでは絶対に入手できないような機密性の高い情報」でさえも、難なく入手できるからに他ならない。

例えば、当団体が馬連13120円を5点で的中させた先週の愛知杯。

このレースでは、一般的には全く注目されていなかったレイホーロマンス(最終的に11番人気)が2着に入線したため、一般競馬ファンのほぼ全員が、自身が購入していた馬券の不的中を嘆きながら、ガックリと肩を落として競馬場やウインズからの家路に就いたのだろう。

しかし、「本物の競馬関係者の集合体」である「パーフェクトホースマンズ」は違う。

何故なら、実際に「買い目の伝達」を受けていた会員の皆様には改めてご説明するまでもないが、多くの一般競馬ファンが大金を逃している中、当団体は、1月12日(金)に更新した「インサイダーレポート」に於いて、レイホーロマンスの激走を予告した上で、馬連の軸に指定し、難なく万馬券を的中させているのだから。

当然、会員の皆様は、「愛知杯での馬連13120円5点的中」という結果を見届け、「パーフェクトホースマンズの会員で本当に良かった」という喜びを強く感じた筈であり、このアメリカJCCに於いても、会員の皆様は、愛知杯の時と同様の喜びを、非常に強く感じることだろう。

何しろ、このレースに関しては、最新の入手情報を踏まえ、所属員達が、

「現時点で早くも、9割以上の情報収集を完了しており、後は裏付け作業を残すのみとなっています」

という、簡潔ではあるものの、非常に頼もしい見解を示しているのだから。

会員の皆様には、大金獲得が確定的なレース当日を、心の底から楽しみにお待ちいただきたい。


買い目を見る