「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
注目競走
今週も、当団体の「パーフェクトな情報収集体制」がもたらす、
「パーフェクトな結果」をお楽しみにお待ちください。
7月23日(日) 中京11R・中京記念
中京記念
主な出走登録馬
アスカビレン【神田紘爾・中尾秀正(栗東)】
ウインガニオン【ウイン・西園正都(栗東)】
グランシルク【シルクレーシング・戸田博文(美浦)】
ダノンリバティ【ダノックス・音無秀孝(栗東)】
ブラックムーン【ヒムロックレーシング・西浦勝一(栗東)】
マイネルアウラート【ラフィアン・高橋裕(美浦)】

大金に直結する、「出資者の増加を狙う思惑」とは…
所属員の見解
まずは、下記の内容をご確認いただきたい。

・・・・・・・・・・

ウインガニオンを登録している「株式会社ウイン」

5月8日(月)に「2017年度1次募集馬」(計28頭)を発表しており、現在、その出資を受け付け中。

グランシルクを登録している「有限会社シルクレーシング」

6月16日(金)に「2017年度募集予定馬リスト」(計65頭)を発表しており、7月19日(水)にその出資受け付けを開始。

マイネルアウラートを登録している「株式会社サラブレッドクラブ・ラフィアン」

5月8日(月)に「2017年度・1次募集予定馬」(計60頭)を発表しており、現在、その出資を受け付け中。

ムーンクレストを登録している「株式会社ヒダカ・ブリーダーズ・ユニオン」

「先行募集馬」と「通常募集馬」を合わせて、現在、40頭の出資を受け付け中。

レッドレイヴンを登録している「株式会社東京ホースレーシング」

6月16日(金)に「2017年度1歳募集馬ラインナップ」(計32頭)を発表しており、7月24日(月)から「先行募集」を、8月7日(月)から「通常募集」を、それぞれ行う予定。

・・・・・・・・・・

当団体の所属員達は、この「中京記念」に対して、

「一口馬主クラブの思惑が、結果を大きく左右する」

という見解を示しており、その理由は、上記の内容を見れば、誰でもよく分かることだろう。

どの「一口馬主クラブ」にも当てはまることだが、この時期、「過去の募集馬」が活躍すれば、出資を検討している顧客層に好印象を与えることができ、それが「今後の出資者増加」と「売り上げ増加」に繋がるのは、競馬に精通した会員の皆様であれば、誰もがよくご存知の筈だ。

当然、この「中京記念」にも、複数の「一口馬主クラブ」が、

「今後の出資者増加に繋げるため、過去の募集馬を活躍させたい」

という思惑を水面下で張り巡らせており、それがどんな結末をもたらすのか…

また、これまで再三に渡りお伝えしている通り、当団体は、

「個人馬主完全制圧計画」

「一口馬主クラブ完全制圧計画」

「大手生産者グループ完全制圧計画」

などを「主要事項」とした、

「小栗範恭トリプルクラウンプロジェクト」

に着手し、情報収集体制をこれまで以上に強固なものとしており、このことも、「会員の皆様の大金獲得」を大いに後押しするだろう。

どうぞ、並々ならぬ厚い期待をお寄せいただきたい。


買い目を見る