「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
注目競走
今週も、当団体の「パーフェクトな情報収集体制」がもたらす、
「パーフェクトな結果」をお楽しみにお待ちください。
9月24日(日) 中山11R・オールカマー
オールカマー
主な出走登録馬
アルバート【林正道・堀宣行】
ステファノス【キャロットファーム・藤原英昭】
タンタアレグリア【G1レーシング・国枝栄】
ツクバアズマオー【荻原昭二・尾形充弘】
モンドインテロ【シルクレーシング・手塚貴久】
ルージュバック【キャロットファーム・大竹正博】

「体制強化の恩恵」を、存分に実感していただこう
所属員の見解
競馬に精通した会員の皆様であれば、既にお気付きのことだろうが、計17頭が登録しているこの一戦は、

グランアルマダ:サンデーレーシングの所属馬
ステファノスとルージュバック:キャロットファームの所属馬
タンタアレグリア:G1レーシングの所属馬
ブラックバゴとモンドインテロ:シルクレーシングの所属馬
マイネルサージュとマイネルディーンとマイネルミラノ:ラフィアンの所属馬

と記せば分かる通り、「一口馬主クラブ」が計9頭を登録しており、占有率が52・9%という状況だ。

先週のレースで言えば、当団体が馬連21390円を5点で的中させたローズSは、出走馬18頭の内、「一口馬主クラブの所属馬」は4頭であり、占有率は22・2%だっただけに、このオールカマーは、「クラブ馬の占有率が非常に高い特殊な状況」と言うことができる。

もちろん、このレースには、先述した一口馬主クラブの関係者達が、

「過去の募集馬を活躍させて、出資を検討している顧客層に好印象を与え、今後の出資者増加に繋げたい」

という思惑や、他の思惑を、様々な形で張り巡らせている。

しかし、こういった「一口馬主クラブの様々な思惑」が、誰でも読める「競馬専門紙」や「スポーツ紙」などで詳しく紹介されることは絶対にないのが実情だ。

そのため、正確な情報を得られない一般競馬ファンにとって、このオールカマーは、「何をやっても払戻金を得られない難解な舞台」となってしまうのだろう。

ただ、こういったレースであっても、

「一口馬主クラブ・日信レースホース(後のセゾンRH・現在のライオンRH)の代表を務めた後、1989年にJRAの個人馬主資格を取得し、それから2011年の5月まで、20年以上に渡りJRAの個人馬主を続けていた」

という経歴を有する小栗範恭(おぐりのりやす)など、「本物の競馬関係者」が多く所属している当団体であれば、「各一口馬主クラブの思惑」を難なく見抜き、的中を収められることは、これまで何度も当団体の実力によって大金を獲得している会員の皆様自身が、他の誰よりもよくご存知の筈だ。

また、当団体は、既にメールなどで何度もお伝えしている通り、

「個人馬主完全制圧計画」

「一口馬主クラブ完全制圧計画」

「大手生産者グループ完全制圧計画」

などを「主要事項」とした、

「小栗範恭トリプルクラウンプロジェクト」

に着手し、情報収集体制をこれまで以上に強固なものとしており、現在は、「一口馬主クラブ完全制圧計画」の一環として、非常に多くの競馬関係者が、

「一口馬主クラブ関連の情報収集体制は、他の例を見ないほど完璧なもの」

と認めている、

「クラブLABO(ラボ)」

との本格提携を推し進めている。

そして、このオールカマーに関しては、現時点で既に、「クラブLABO」から多数の機密情報を入手できていることも、「会員様の大金獲得」を大いに後押しするだろう。

どうぞ、並々ならぬ厚い期待を寄せていただきたい。


買い目を見る