「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
注目競走
今週も、当団体の「パーフェクトな情報収集体制」がもたらす、
「パーフェクトな結果」をお楽しみにお待ちください。
10月20日(土) 東京11R・富士S
富士S
主な出走登録馬
エアスピネル【ラッキーF・笹田和秀(栗東)】
クルーガー【キャロットF・高野友和(栗東)】
ハクサンルドルフ【河崎五市・西園正都(栗東)】
ペルシアンナイト【G1レーシング・池江泰寿(栗東)】
ロジクライ【久米田正明・須貝尚介(栗東)】
ワントゥワン【青山洋一・藤岡健一(栗東)】

「2頭出しに込められた思惑」を完全に掌握できるからこそ…
所属員の見解
馬主と調教師のどちらとも、原則的に「2頭出し」を好まないものだ。

何故なら、誰にでもよく分かるような話だが、一つのレースに2頭を出走させるよりも、別のレースに1頭ずつを出走させた方が、多くの賞金獲得を見込めるのだから。

しかし、こういった「明確なデメリット」がありながらも、実際は、「2頭出し」が行われることが多く、その理由は、「【一頭は叩き台、もう一頭はメイチに仕上げたからここで勝負】といった思惑」が、多くのレースで水面下に張り巡らされるからに他ならない。

ただ、こういった「2頭出しに込められた関係者の思惑」を、一般競馬ファンが知ることは絶対にないのが実情であり、この点に於いて「パーフェクトホースマンズ」が「万全」であるのは、これまで何度も、当団体の実力によって的中馬券を手にしている会員の皆様自身が、他の誰よりもよくご存知の筈。

分かりやすい例を挙げるならば、当団体が、特大の万馬券を仕留めた今年の七夕賞が相応しいだろう

このレースには、栗東トレセンの橋田満厩舎がメドウラークとレイホーロマンスの2頭を出走させていた。

重賞で連対実績(今年の愛知杯で2着)のあった後者が、サーブルオールに次ぐ2番人気となっていたが、実際のレースでは、レイホーロマンスが6着に終わった一方で、当団体が「相手5点目」と決定していた11番人気のメドウラークが、一般的な低評価をあざ笑うかのように見事な勝利を飾っている。

当日の人気に反して、橋田厩舎が、レイホーロマンスではなく、メドウラークを勝たせたい存在と考えていたことは、結果が明確に証明しており、至って当然のことながら、この一戦に於いて、

「馬連23250円5点的中」

を見届けた会員の皆様全員が、

「パーフェクトホースマンズが、【2頭出しに込められた思惑】を完全に掌握できること」

を、改めて強く実感したことだろう。

そして、今週の「富士S」は、

■池江泰寿厩舎(栗東)

ジャンダルムとペルシアンナイトを登録

■西園正都厩舎(栗東)

ウインガニオンとハクサンルドルフを登録

■藤岡健一厩舎(栗東)

ヒーズインラブとワントゥワンを登録

という状況となっており、これを見ただけで、一般競馬ファンの皆様は、「非常に難解」と考えてしまう筈だ。

ただ、

「JRAで、1972年から1986年まで騎手として、ニッソウプロスで1979年の阪神障害S・春を制するなどの実績を残し、騎手を引退してからは、ハープスター、ブエナビスタ、ベガ、アドマイヤドンといったGI馬を数多く育成した【松田博資厩舎】などの名門で、調教助手として多くの活躍馬に携ってきた」

という経歴を有する鎌田光也(かまたみつや)など、「本物の競馬関係者」が多く所属している当団体であれば、「2頭出しに込められた思惑」でさえも完全に掌握し、その内容を「買い目」に反映させられることは、会員の皆様に、改めてご説明する必要はないだろう。

そして、この一戦については、早くも、「調教師情報部」の所属員達から、

「登録しとる全ての馬について、【ここが勝負】なのか【叩き台】なのかを、キッチリ把握できとるんで、必ず文句ナシの結果を残せるやろうな」

という頼もしいことこの上ない報告が届いている。

果たして当団体は、この「富士S」や、「菊花賞」を筆頭とした今週のレースを舞台に、どれほど高額の払戻金を計上するのだろうか。

会員の皆様には、並々ならぬ厚い期待を寄せていただきたい。



買い目を見る