「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
注目競走
今週も、当団体の「パーフェクトな情報収集体制」がもたらす、
「パーフェクトな結果」をお楽しみにお待ちください。
11月17日(日) 京都11R・マイルCS
マイルCS
主な出走登録馬
インディチャンプ【シルクR・音無秀孝(栗東)】
ダイアトニック【シルクR・安田隆行(栗東)】
ダノンキングリー【ダノックス・萩原清(美浦)】
ダノンプレミアム【ダノックス・中内田充正(栗東)】
ペルシアンナイト【G1レーシング・池江泰寿(栗東)】
レイエンダ【キャロットF・藤沢和雄(美浦)】

昨年までと同じように、今年も最高の結果を
所属員の見解
「マイルCS」。

このレース名を目にした瞬間、会員の皆様全員が、大金獲得を確信し、大口払い戻し窓口に駆け出してしまうのだろう。

何故なら当団体は、昨年まで、この「マイルCS」を舞台に、

2018年:3連複5480円5点的中

2017年:3連複9300円5点的中

2016年:3連複8360円5点的中

2015年:馬単3400円4点的中

2014年:3連複25760円5点的中

2013年:3連複2090円4点的中

2012年:馬連2520円5点的中

2011年:馬連12800円5点的中

など、驚異的な好成績を残しているのだから。

また、上記の通り、当団体がこのレースに無類の強さを誇っている主な理由は、

元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)

といった「馬主情報部」の所属員達が、

「【セレクトセール】や【HBAセレクションセール】や【HBAサマーセール】や【HBAセプテンバーセール】や【HBAオータムセール】に参加していた馬主達の、【落札資金を回収したい】という思惑」

「【一口馬主クラブ】の、【過去の募集馬を活躍させて、出資を検討している顧客層に好印象を与え、今後の出資者増加に繋げたい】という思惑」

など、「この時期ならではの馬主の思惑」を完全に掌握でき、尚且つ、

元JRA調教師の山田要一(やまだよういち)

元JRA騎手・元JRA調教助手の鎌田光也(かまたみつや)

元JRA調教助手・元JRA厩務員の小西聖一(こにちせいいち)

といった「調教師情報部」の所属員達が、「各馬のマイル適性」などを完全に掌握できるからに他ならない。

そして、今年の「マイルCS」に於いても、会員の皆様は、最高の結果を見届ける筈だ。

何故なら、この一戦については、所属員を代表して、「調教師情報部」の山田要一(やまだよういち)が、

「騎手として、調教助手として、調教師として、50年近くも現場で馬と深く関わってきた自分の経験を活かして、全馬の着順を完璧に言い当てられるだけの自信を掴めていますね」

という見解を示しているのだから。

更に、以前から当団体が、

「個人馬主完全制圧計画」

「一口馬主クラブ完全制圧計画」

「大手生産者グループ完全制圧計画」

などを「主要事項」として推し進めてきた、

「小栗範恭トリプルクラウンプロジェクト」

が、現在は、

「馬主の思惑&生産者の思惑・強化収集ステージ」

に突入し、読んで字の如く、情報収集体制がこれまで以上に強固なものとなっていることも、「マイルCSの的中による高額払戻金計上」を、大いに大いに後押しする筈だ。

果たして、当団体は、この一戦に於いて、一体どれほど高額の払戻金を計上するのだろうか。

会員の皆様は、「マイルCSの的中」を見届け、超高額の払戻金を手にすることにより、

「一生、パーフェクトホースマンズについて行く」

と堅く心に誓うだろう。

大いに、大いにご期待いただきたい。



買い目を見る