「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
注目競走
今週も、当団体の「パーフェクトな情報収集体制」がもたらす、
「パーフェクトな結果」をお楽しみにお待ちください。
7月20日(土) 福島11R・安達太良S
安達太良S
主な出走登録馬
サイドチェンジ【大塚亮一・池上昌和(美浦)】
ショーム【西森鶴・鈴木伸尋(美浦)】
ノーウェイ【宮川純造・高橋義忠(栗東)】
フォーハンドレッド【窪田康志・田中博康(美浦)】
ロジペルレスト【久米田正明・大竹正博(美浦)】
ワイルドカード【ゴドルフィン・木村哲也(美浦)】

「競走馬セールに絡む馬主の思惑」を完全に掌握できるからこそ
所属員の見解
まずは、下記の内容をご確認いただきたい。

・・・・・・・・・・

■サイドチェンジを登録している大塚亮一オーナー

「JRAブリーズアップセール」と「セレクトセール」と「HBAサマープレミアムセール」に於いて、計6頭を総額1億9786万円で落札

■ショームを登録している西森鶴オーナー

「HBAセレクションセール」と「HBAサマープレミアムセール」と「HBAサマーセール」と「HBAオータムセール」に於いて、計7頭を総額5174万円で落札

■スズカフリオーソとミスズフリオーソを登録している永井啓弍オーナー

「JRAブリーズアップセール」と「HBAトレーニングセール」と「セレクトセール」と「HBAセレクションセール」と「HBAサマーセール」に於いて、計15頭を総額2億3976万円で落札

■ネコワシを登録している節英司オーナー

「HBAサマーセール」に於いて、計3頭を総額1609万円で落札

■ロジペルレストを登録している久米田正明オーナー

「セレクトセール」に於いて、1頭を4536万円で落札

■ワイルドゲームを登録している合同会社小林英一ホールディングス

「HBAサマープレミアムセール」と「HBAサマーセール」に於いて、計2頭を総額1080万円で落札

・・・・・・・・・・

上記の6名は、この「安達太良S」に所有馬を登録しており、尚且つ、昨年の「競走馬セール」に参加している馬主達だ。

更に、この中の3名は、先週の月曜日と火曜日、7月8日と9日に行われた今年の「セレクトセール」に、

■大塚亮一オーナー

計2頭を総額1億5660万円で落札

■永井啓弍オーナー

1頭を4230万円で落札

■久米田正明オーナー

1頭を5400万円で落札

という形で大金を投じていた。

その上、明日、7月16日(火)には、昨年、23億4835万2000円という大金が動いた「HBAセレクションセール」が行われる。

したがって、このレースには、

「【セレクトセール】や【HBAセレクションセール】などに参加した馬主達の、【落札に要した資金を早急に回収したい】という思惑」

と、

「【HBAサマーセール】や【HBAオータムセール】といった今後の【競走馬セール】に参加を予定している馬主達の、【落札資金を潤沢にしておきたい】という思惑」

の両方が張り巡らせられることとなる。

ただ、こういった「競走馬セールに絡む馬主の思惑」が、「競馬専門紙」や「スポーツ紙」では決して紹介されることは、全くないのが実情であり、これが、一般競馬ファンに、「この時期のレースは難しい」という印象を与えている大きな理由の一つと言えるだろう。

しかし、元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)など、「本物の競馬関係者」が多く所属している「パーフェクトホースマンズ」であれば、こういった「馬主の思惑」でさえも、難なく完全に掌握でき、そのことは、「セレクトセール」と「HBAセレクションセール」の直後であった昨年の同時期に、

■2018年7月21日(土)~22日(日)

函館2歳Sでの3連複11090円5点的中

中京記念での3連複5420円5点的中

白河特別での馬連37370円5点的中

函館日刊スポーツ杯での3連複15600円5点的中

といった破格の好成績を残していることが何よりの証明と言えよう。

そして、当団体の所属員達は、今週の「安達太良S」に関しても、

「【競走馬セールに絡む馬主の思惑】はもちろんのこと、他の情報に関しても、【完全に掌握済み】と言い切れる状況のため、必ず最高の結果を残せるだろう」

と、頼もしいこの上ない見解を示しており、果たして当団体は、このレースを舞台に、一体どれほど高額の払戻金を計上するのだろうか。

会員の皆様には、現時点で既に多くの所属員が、

「相当な高配当的中を確実視できている」

という見解を示している、「函館2歳S」や「中京記念」などと合わせて、並々ならぬ厚い期待を寄せていただきたい。



買い目を見る