「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
注目競走
今週も、当団体の「パーフェクトな情報収集体制」がもたらす、
「パーフェクトな結果」をお楽しみにお待ちください。
5月28日(日) 東京10R・ダービー
ダービー
主な出走登録馬
アドミラブル【近藤英子・音無秀孝(栗東)】
アルアイン【サンデーR・池江泰寿(栗東)】
カデナ【前田幸治・中竹和也(栗東)】
サトノアーサー【里見治・池江泰寿(栗東)】
スワーヴリチャード【NICKS・庄野靖志(栗東)】
レイデオロ【キャロットF・藤沢和雄(栗東)】

大金を生み出す「恩返しネタ」とは…
所属員の見解
現在は、一人の例外もなく会員の皆様全員が、「GIレースは、パーフェクトホースマンズに託せば間違いない」という気持ちを、心の底から強く抱いていることだろう。

何故なら当団体は、この春の「GIシリーズ」を舞台に、

オークスでの3連複4600円5点的中

ヴィクトリアマイルでの馬連42710円5点的中

NHKマイルCでの馬連17290円5点的中

天皇賞・春での3連複610円5点的中

桜花賞での馬連17000円5点的中

高松宮記念での3連複3230円5点的中

といった破格の好成績を残しているのだから。

また、当団体が上記のような好結果を残せている主な理由は、「元JRA馬主の小栗範恭(おぐりのりやす)」など、「馬主情報部」の所属員達と、「元JRA調教師の山田要一(やまだよういち)」、「元JRA騎手・元JRA調教師の鎌田光也(かまたみつや)」、「元JRA調教助手・元JRA厩務員の小西聖一(こにしせいいち)」など、「調教師情報部」の所属員達が、

「GIレースならではの高額賞金を狙う関係者の様々な思惑」

を、完全に掌握できるからに他ならない。

そして、「GIレースならではの高額賞金を狙う関係者の様々な思惑」の中で、一般的にはほとんど知られていないものの、当団体の所属員達が、「非常に重要」と考えている情報が存在する。

それは、「恩返しネタ」だ。

この「恩返しネタ」の概要を、端的に説明するのであれば、

「【継続的に馬を預けてくれるオーナーに、勝利の喜びをもたらしたい】という【調教師の思惑】」

「【継続的に騎乗馬を用意してくれるオーナーや調教師に、勝利の喜びをもたらしたい】という【騎手の思惑】」

と記すのが適切だろう。

ここでは、「恩返しネタが結果を大きく左右した1戦」として、当団体が馬連42710円を5点で的中させた、先々週の「ヴィクトリアマイル」を例に挙げておこう。

このレースに於いて、一般的な低評価(最終的に17頭立ての11番人気)を覆して2着入線を果たし、「特大万馬券的中の立役者」となったデンコウアンジュは、田中康弘オーナーの所有馬であり、荒川義之調教師の管理馬だ。

2000年頃からJRAで馬を走らせている田中オーナーは、これまでに80頭以上を所有しており、荒川厩舎には、開業直後からデンコウラウロを預けていた上、その後も、デンコウセッカチ、デンコウデアなどを預けており、デンコウアンジュが制した一昨年のアルテミスSは、荒川厩舎にとって、「3年振りの重賞勝ち」であった。

当然、荒川師は、継続的に所有馬を預託し、「厩舎の支え」となっている田中オーナーに、感謝の気持ちを深く抱いている筈であり、田中オーナーにとって、「初のGI勝利」が懸かっていたヴィクトリアマイルにデンコウアンジュを出走させるにあたり、どんな思惑を抱いていたのか…

ここまで記せば、誰でもよくお分かりになるだろう。

そして今週も、会員の皆様は、多くの所属員達が、

「ヴィクトリアマイルのデンコウアンジュと同じく、【恩返しネタ】によって激走する可能性が非常に高い伏兵馬の存在を確認できている」

という見解を示している、「ダービー」を舞台に超高額の払戻金を獲得し、「本物の競馬関係者」が多数所属している「パーフェクトホースマンズ」の実力を、改めて強く実感できる筈だ。

どうぞ、厚いご期待をお寄せいただきたい。


買い目を見る
5月28日(日) 東京12R・目黒記念
目黒記念
主な出走登録馬
ヴォルシェーブ【佐々木主浩・友道康夫(栗東)】
カフジプリンス【加藤守・矢作芳人(栗東)】
クリプトグラム【キャロットF・藤原英昭(栗東)】
サラトガスピリット【平井裕・友道康夫(栗東)】
フェイムゲーム【サンデーR・宗像義忠(美浦)】
モンドインテロ【シルクレーシング・手塚貴久(美浦)】

「万馬券的中がほぼ確実」と断言できる情報を既に入手済み!
所属員の見解
明日、5月23日(火)には、競馬関係者にとって、「大いに注目すべきイベント」が行われる。

競馬に精通した会員の皆様に、改めてご説明するまでもないが、「このイベント」とは、これまで毎年のように、億単位の金額が動いている、春期最大の競走馬セール・「HBAトレーニングセール」のことだ。

具体的に記せば、同セールでは、過去2年に於いて、

2016年
11億1866万4000円(税込)

2015年
10億8950万4000円(税込)

という大金が動いており、当然、今年の「HBAトレーニングセール」でも、過去2年と同様の大金が動くに違いない。

もちろん、「HBAトレーニングセール直後の重賞」であるこの1戦では、

「落札に要した資金を回収するため、所有馬で多額の賞金を稼ぎたい」

という「馬主の思惑」が、結果を非常に大きく左右するだろう。

しかし、こういった「馬主の思惑」が、誰でも読める「競馬専門紙」や「スポーツ紙」で詳しく紹介されることは絶対にないため、これらを情報源としている一般競馬ファンのほぼ全員が、この1戦では、「HBAトレーニングセールに絡む馬主の思惑」を見抜けず、不的中に至ってしまう筈だ。

しかし、こういった状況の中で行われるレースこそ、当団体であれば「年間を通じて最高の稼ぎ所」とできるのは、今からちょうど一年前、「昨年のHBAトレーニングセール直後」に、

目黒記念での3連複9530円5点的中

安土城Sでの馬連11810円5点的中

朱雀Sでの馬連10170円5点的中

といった好結果を見届けている会員の皆様自身が、他の誰よりもよくご存知のことだろう。

そして、この1戦については、現時点で既に「調教師情報部」の所属員達から、

「東京の芝長距離戦に抜群の適性を誇る伏兵馬が超人気薄で激走し、万馬券的中をもたらしてくれることがほぼ確実」

という報告が届いており、果たして、

「他の予想団体と異なり、【本物の競馬関係者】が非常に多く所属しているため、いつでも正確な情報を得られる」

という「絶対的な強み」を有する「パーフェクトホースマンズ」は、この1戦を舞台に、どれほど高額の払戻金を計上するのか…

会員の皆様は、絶対に見逃さないで欲しい。


買い目を見る