「安定した利益獲得」と「究極のファンサービス」を目指し、完全無欠の情報網を構築
注目競走
今週も、当団体の「パーフェクトな情報収集体制」がもたらす、
「パーフェクトな結果」をお楽しみにお待ちください。
2月23日(日) 東京11R・フェブラリーS
フェブラリーS
主な出走登録馬
アルクトス【山口功一郎・栗田徹(美浦)】
インティ【武田茂男・野中賢二(栗東)】
ヴェンジェンス【宮川純造・大根田裕之(栗東)】
サンライズノヴァ【松岡隆雄・音無秀孝(栗東)】
ノンコノユメ【山田広太郎・荒山勝徳(大井)】
モズアスコット【キャピタル・システム・矢作芳人(栗東)】

GIレースならではの高額賞金を狙う、「関係者の様々な思惑」が…
所属員の見解
当団体は、「昨年のGIレース」を舞台に、

※上半期

フェブラリーSでの3連単6620円5点的中
高松宮記念での馬連30530円5点的中
桜花賞での3連複5990円5点的中
NHKマイルCでの馬連17200円5点的中
オークスでの3連複28240円5点的中
ダービーでの3連複12050円5点的中
安田記念での3連複3690円5点的中

※下半期

秋華賞での3連複15170円5点的中
菊花賞での馬単7640円5点的中
天皇賞・秋での3連複3210円5点的中
エリザベス女王杯での3連複4060円5点的中
マイルCSでの3連複3200円5点的中
ジャパンCでの3連複2900円5点的中
阪神ジュベナイルFでの3連複8560円5点的中
朝日杯FSでの3連複38080円5点的中

といった破格の好成績を残している。

当然、これらの結果を見届けている会員の皆様全員が、「パーフェクトホースマンズにとって、GIレースが最高の稼ぎ所」であることを、他の誰よりもよくご存知の筈。

また、上記のように、当団体が「GIレース」に無類の強さを誇っている主な理由は、

「一口馬主クラブ・日信レースホース(後のセゾンRH・現在のライオンRH)の代表を務めた後、1989年にJRAの個人馬主資格を取得し、それから2011年の5月まで、20年以上に渡り馬主を続けていた」

という経歴を有する小栗範恭(おぐりのりやす)や、

「1965年にJRAの騎手免許を取得し、1979年の騎手引退から1982年までは調教助手を務め、1983年から2008年までの25年間は、JRAの調教師として活動し、ブルーベイブリッジやケリーバッグやカナハラドラゴンなどを重賞戦線で活躍させた」

という経歴を有する山田要一(やまだよういち)や、

「1972年にJRAの騎手としてデビューし、重賞1勝を含む通算102勝の実績を残した後、1986年に騎手を引退し、それ以降は、松田博資厩舎、田島良保厩舎、新川恵厩舎といった名門で調教助手を続けていた」

という経歴を有する鎌田光也(かまたみつや)や、

「セントライトの主戦騎手として、1941年の牡馬クラシック三冠を制し、調教師としても、ラプソデー、タカマガハラ、ミハルカスなどを育て上げた小西喜蔵の長男で、自身も、父の厩舎や、佐藤林次郎厩舎、高市圭二厩舎、嶋田功厩舎で調教助手と厩務員を長年に渡り務めていた」

という経歴を有する小西聖一(こにしせいいち)など、「本物の競馬関係者」が多く所属している強みを存分に活かし、

「GIレースならではの高額賞金を狙う、関係者の様々な思惑」

を、いつでも完全に掌握できるからに他ならない。

そして、2020年最初のGIレースである、今週の「フェブラリーS」には、「1着馬に1億円」という高額賞金が懸けられており、既に多くの関係者達が、この大金を狙い、水面下で様々な思惑を張り巡らせている状況だ。

しかし、こういった「高額賞金を狙う関係者達の思惑」が、誰でも読める「競馬専門紙」や「スポーツ紙」などで詳しく紹介されることは絶対にない。

ただ、このような舞台こそ、当団体であれば「絶好の稼ぎ所」とできるのは、先述した「GIレースの結果」が、何よりも明確に証明している。

また、以前から当団体が、

「個人馬主完全制圧計画」

「一口馬主クラブ完全制圧計画」

「大手生産者グループ完全制圧計画」

などを「主要事項」として推し進めてきた、

「小栗範恭トリプルクラウンプロジェクト」

が、現在は、

「リーディング上位オーナー関連情報強化収集ステージ」

に突入し、情報収集体制がこれまでよりも更に強固なものとなっていることも、「フェブラリーSの的中」を大いに後押しするだろう。

果たして当団体は、今週、この一戦を舞台に、どれほど高額の払戻金を計上するのだろうか…

会員の皆様には、大いにご期待いただきたい。



買い目を見る